ホーム > blog > 質の高い医療

blog

質の高い医療

2015年10月26日

本日は、左下臼歯部に破損したインプラントの撤去と同時のインプラント埋入+骨再生外科および隣接するインプラント周囲炎の再生療法、右下臼歯部はすでに半年以上まえに骨再生手術をした部位のインプラント埋入、および右上の保存不可能は歯の抜歯と歯根嚢胞摘出と同時の骨再生外科、以上8つのオペを同時に行いました。

抜歯と同時のインブラント埋入は時々症例報告がありますが、インプラント撤去と同時に骨再生とインプラント埋入が出来るのは、写真の様に内視鏡と顕微鏡を併用して精密にオペしていること、汚染物を染色してこれをガイドにしてレーザーを用いて滅菌レベルで清潔にできること、神経損傷しないように、超音波骨切り装置をつかっていること、患者さまが疲れないように全身管理しながら精神鎮静法をおこなっていること、そして患者さまの血液から遠心分離して濃縮した再生因子を使用していること、くわえてそもそも原因除去を半年以上かけていることがその理由です。
以前はこの様なオペを毎日のようにしていましたが、セミリタイアの現在では、月に一回程度です。

質の高い医療は、後継者たちに十分以上受け継がれております。
それは、こちらを参照してください!!