ホーム > column > インプラントリカバリーセンター⑥

column

インプラントリカバリーセンター⑥

2015年09月08日

 インプラント周囲炎の治療を標榜しているクリニックは多いと思います。そのなかで、当誠敬会クリニックは、単に治療を行っているだけではなく、治療法の開発をし、さらにこれを国際学会で発表して論文として国際論文雑誌に投稿して出版されている、唯一の日本人であります(吉野敏明、山本敦彦、小野善弘 敬称略)。
プレゼンテーション1
 我々が考案・発明した治療法は、術前にインプラント周囲炎の原因となる細菌検査を行って原因を調べた後、治療としてこのコラムで連載しているエルビウムレーザーを用いてインプラント表面の汚染物の除去と毒素の無毒化、そして親水性の付与をして、再骨結合をインプラント表面に起こして基に戻す再生療法です。
 世界からも注目されている治療法であり、もちろん国内の学会でも最優秀発表賞を受賞するなど、科学的根拠に基づく治療法です。