ホーム > column > インプラントリカバリーセンター⑧

column

インプラントリカバリーセンター⑧

2015年09月19日

全て治療は、科学的根拠が重要です。インプラント周囲炎も、『〇〇の薬で治る』とか、『〇〇のレーザーで治る』ということだけでは、本当に治ったか分かりません。

誠敬会クリニックでは、インプラント周囲炎の感染の原因となる細菌検査、インプラント周囲炎の再生治療を行う前に除菌ができたかどうかの2回目の細菌検査、そして再生治療後に本当に硬組織が再生したのかをコーンビームCTで撮影して確認します。

この写真は、誠敬各クリニック会長の吉野敏明が執筆した論文の一部です。当クリニックは、治療するだけでなく、そのエビデンスを出版・発表することで、極めて客観的な治療をするこが可能なのです。プレゼンテーション1