ホーム > 診療メニュー > 歯周病治療

歯周病治療

sisyuu

歯周病とは?

現在、日本において成人の約8割が歯周病を患っていると報告されています(図1)。

国民病と言っても過言ではない「歯周病」は、歯を支えている骨(歯槽骨しそうこつ)が溶けてしまう病気で、重症化すると歯が抜け落ちてしまいます。

国民の歯を失う原因の第1位が歯周病です(図2)。

サイレントディジーズ(静かに進行する病気)とも呼ばれ、自覚症状がないままにどんどん進行する怖い病気です。

歯が揺れたり、痛みが出たり、歯ぐきが腫れてしまうなどの自覚症状が出た時には、手の施しようがないほど進行している場合も少なくはありません。

図1 厚生労働省 平成23年歯科疾患実態調査より 歯周病の有病者率

図1 厚生労働省 平成23年歯科疾患実態調査より 歯周病の有病者率

図2 歯を失う原因の第1位は歯周病(8020推進財団調べ 2007年)

図2 歯を失う原因の第1位は歯周病(8020推進財団調べ 2007年)

 

歯周病はお口の中だけのトラブルではなく、糖尿病の合併症であるほか心筋梗塞や脳梗塞、早産・低体重時出産など、全身疾患にも密接に関係している事が既に多くの研究で解明されつつあります(図4)。

図4 歯周病と様々な全身疾患との関連

図4 歯周病と様々な全身疾患との関連

そんな「歯周病」ですが、その原因は歯周病原菌と言う細菌が口の中に住み着き、骨を溶かすなどの悪さをする細菌感染症です。

この細菌は唾液を介して人から人に感染ります。

また、歯磨き不足やデコボコした歯並び、喫煙、ストレスなどもこの歯周病を悪化させてしまう因子の一つなので注意が必要です。

歯周病治療の流れ

歯周病の治療は、まず様々な検査を行い歯周病になってしまった原因の究明と現状の把握を行います。

検査の内容はレントゲン写真(図5,6)やCT(図7)、歯周精密検査(図8)(歯と歯ぐきの溝である歯周ポケットを調べる検査)などの他に、

歯周病細菌検査(図9,10)と歯周病免疫検査(図11,12)を行い口の中に歯周病原細菌がどの位いて、それに対して体がどの様に抵抗しているかを調べます。

これらの科学的な診査をもとに診断を下します。

図7~12
図5 パノラマX線写真 目の下から下顎まで全体を撮影するレントゲンです。このレントゲンで骨格などを診断します。

図5 パノラマX線写真 目の下から下顎まで全体を撮影するレントゲンです。このレントゲンで骨格などを診断します。

図6 デンタルX線 歯や歯槽骨の状態をより鮮明に把握するためのレントゲンです

図6 デンタルX線 歯や歯槽骨の状態をより鮮明に把握するためのレントゲンです

図7 CT 歯や歯槽骨の状態を三次元的に把握することが可能です

図7 CT 歯や歯槽骨の状態を三次元的に把握することが可能です

図8 歯周病精密検査 歯周ポケット(歯と歯茎の間の溝)の深さを測定し、歯周病の状態を把握します。

図8 歯周病精密検査 歯周ポケット(歯と歯茎の間の溝)の深さを測定し、歯周病の状態を把握します。

図9,10 歯周病細菌検査 歯周ポケットからサンプリングを行います。検査はDNAレベルでの計測を行いますので、詳細な数値を得ることが出来ます。

図9,10 歯周病細菌検査 歯周ポケットからサンプリングを行います。検査はDNAレベルでの計測を行いますので、詳細な数値を得ることが出来ます。

図9,10 歯周病細菌検査 歯周ポケットからサンプリングを行います。検査はDNAレベルでの計測を行いますので、詳細な数値を得ることが出来ます。

図9,10 歯周病細菌検査 歯周ポケットからサンプリングを行います。検査はDNAレベルでの計測を行いますので、詳細な数値を得ることが出来ます。

図11,12 歯周病免疫検査 専用のキットを使用し、指先からの採血で歯周病免疫検査を行うことが可能です。

図11,12 歯周病免疫検査 専用のキットを使用し、指先からの採血で歯周病免疫検査を行うことが可能です。

図11,12 歯周病免疫検査 専用のキットを使用し、指先からの採血で歯周病免疫検査を行うことが可能です。

図11,12 歯周病免疫検査 専用のキットを使用し、指先からの採血で歯周病免疫検査を行うことが可能です。

 

診断の結果、実際に治療が開始されます。

その際には原因除去、環境整備、機能回復の3つの段階に分けて治療を進めます。

原因除去では、歯周病原因である歯周病原菌の住処である歯垢や歯石を徹底的に除去します(図13)。

環境整備を行います。歯周病が原因で溶けてしまった骨や、失った歯茎の再建を行い、歯周病原菌が再び口の中に住み着けないように環境改善を行います(図14,15)。

そして、3段階目に機能回復が行われます。ここでは、インプラント治療や補綴治療(かぶせ物の治療)、矯正治療などを行い快適に食事が出来る様に口腔機能の回復を図ります。

図13~15
図13 歯石除去 歯周病原菌の住処である歯石を専用の機器を使用して除去します。歯周病原菌の巣ごと退治することにより、歯周病の原因除去が行えます。

図13 歯石除去 歯周病原菌の住処である歯石を専用の機器を使用して除去します。歯周病原菌の巣ごと退治することにより、歯周病の原因除去が行えます。

図14 歯周組織再生療法 歯周病が原因で溶けてしまった骨の再建手術を行い、骨を平に治します。

図14 歯周組織再生療法 歯周病が原因で溶けてしまった骨の再建手術を行い、骨を平に治します。

 図15 歯肉移植 歯周病によって失われた歯茎の再建外科を行い、元通りの方にする手術です。

 図15 歯肉移植 歯周病によって失われた歯茎の再建外科を行い、元通りの方にする手術です。

実際の治療例

患者は50歳、女性。歯周病の治療を希望して来院。重症な歯周病に罹患していました。

歯周病が原因で歯茎からは膿が出ていて、奥歯は歯周病が進行しすぎてしまい保存する事が難しい状態でした。

奥歯は歯がグラグラなため、ほとんど物を咬むことができずお食事にも大変不自由しているとのことでした。

pic_sishu16

pic_sishu17

歯周病細菌検査と免疫検査を行い、原因除去を行った後に治療に移行しました。

回復のために、

  • 前歯の再生療法(天然の歯の周りに骨を再生する手術)
  • 及び切除療法(歯周ポケットを除去し、骨を平にする手術)
  • 奥歯のインプラント
  • かみ合わせ回復のための矯正治療
  • これらの治療を組み合わせて行いました。

    治療を行って、起床時に口の中がネバつく不快感や口臭が気にならなくなり、今では何でも美味しく食事ができ、

    人前で歯を見せて笑えることが幸せですと患者様は仰っています。

    pic_sishu18

    pic_sishu19