ホーム > 当クリニックが経営雑誌「アポロニア21」に取材されて掲載されました。

Posts Tagged ‘インプラント周囲炎’

当クリニックが経営雑誌「アポロニア21」に取材されて掲載されました。 [2015年10月02日]

KIMG2249

歯科医院総合経営雑誌の『アポロニア21』に、誠敬会クリニックおよび会長の吉野敏明が経営する病床280床の精神科病院『やさか記念病院』の経営姿勢について記載されています。

「内科・内科・精神科のあるクリニック・病院発、がん医療精神科医療での医科歯科相互連携」という包括治療と経営の内容です。是非、ご覧ください。

日本経済新聞の国際欄に理事長の田中真喜が載っています。 [2015年10月01日]

12082898_952957238110499_975276169_o
日経全国版、しかも国際欄の誌面1/3を占有して田中真喜 理事長がカラーで載っています!!

インプラントリカバリーセンター⑧ [2015年09月19日]

全て治療は、科学的根拠が重要です。インプラント周囲炎も、『〇〇の薬で治る』とか、『〇〇のレーザーで治る』ということだけでは、本当に治ったか分かりません。

誠敬会クリニックでは、インプラント周囲炎の感染の原因となる細菌検査、インプラント周囲炎の再生治療を行う前に除菌ができたかどうかの2回目の細菌検査、そして再生治療後に本当に硬組織が再生したのかをコーンビームCTで撮影して確認します。

この写真は、誠敬各クリニック会長の吉野敏明が執筆した論文の一部です。当クリニックは、治療するだけでなく、そのエビデンスを出版・発表することで、極めて客観的な治療をするこが可能なのです。プレゼンテーション1

インプラントリカバリーセンター⑦ [2015年09月12日]


今社会問題のインプラント周囲炎に罹患したインプラント表面から、我々が開発した方法で表面の汚染物を除去する方法のデモンストレーションです。

レーザーはエルビウムレーザーを用います。このレーザーは、水に特異的に反応するので、非熱でインプラント表面を傷めないだけでなく、照射面が滅菌され、歯周病原細菌などの内毒素(LPS)なども無毒化が期待できます。

動画を見て頂いて分かるように、エルビウムレーザー照射により焦げることもなく、非常にきれいになります。

また、我々はレーザー処理したあとのチタン表面が親水性になることも示しています。

当 誠敬会クリニックインプラントリカバリーセンターでは、インプラント周囲炎の治療も専門的に行っています。
http://yoshino-dc.com/

歯周病菌に対する、プロバイオティクスセラピーでの殺菌治療 [2015年09月10日]

歯周病原細菌のプロバイオティクスセラピーによる減少
誠敬会クリニックは、歯周病専門医による高度な歯周治療をおこなっています。当クリニックの吉野敏明は、日本歯周病学会の専門医・指導医・評議員であり、厚生労働省が主管するマインズ(治療のガイドライン)に収載されている、抗菌療法のガイドラインを吉野は著編したうちの数少ない臨床家の一人です。

抗菌療法の欠点は、妊産婦や授乳中には使いにくいこと、また薬の副作用により善玉菌まで減少してしまうこと、また全身疾患のある患者で免疫力の低下している方(がんで放射線治療や抗がん剤治療後の患者など)は、この善玉菌が減少することによる免疫力への影響などが懸念されていました。

一方、プロバイオティクスセラピーでは、善玉菌の補充を行うことで、口腔内フローラ(口腔細菌叢)を改善する治療です。

我々は、歯周病専門医の集団として、この春の第58回日本歯周病学会に我々の研究を発表しました。結論から言えば、歯周病の悪玉菌である、Porphyromonas gingivalis, Tannerella forsythia, Treponema denticolaを統計学的に有意に減少させるのみならず、最も重要なことは総菌数を減少させなかったこと、つまり善玉菌が増殖できたということです。

今後も、我々は「生体に優しい細菌治療」の研修と実践を行っていきます。

インプラントリカバリーセンター⑥ [2015年09月08日]

 インプラント周囲炎の治療を標榜しているクリニックは多いと思います。そのなかで、当誠敬会クリニックは、単に治療を行っているだけではなく、治療法の開発をし、さらにこれを国際学会で発表して論文として国際論文雑誌に投稿して出版されている、唯一の日本人であります(吉野敏明、山本敦彦、小野善弘 敬称略)。
プレゼンテーション1
 我々が考案・発明した治療法は、術前にインプラント周囲炎の原因となる細菌検査を行って原因を調べた後、治療としてこのコラムで連載しているエルビウムレーザーを用いてインプラント表面の汚染物の除去と毒素の無毒化、そして親水性の付与をして、再骨結合をインプラント表面に起こして基に戻す再生療法です。
 世界からも注目されている治療法であり、もちろん国内の学会でも最優秀発表賞を受賞するなど、科学的根拠に基づく治療法です。

インプラントリカバリーセンター⑤ [2015年09月02日]

Dr.yoshinoSep.20.2014.001
インプラント周囲炎でのインプラント表面の汚染で、回転ブラシやフロスなどで除去が不可能なものに、タバコのニコチンやタールがあります。親油性の化学物質でありますから、油も除去できなければなりません。通常、油分を取るにはアセトンや無水アルコールなどでふき取りますが、粗面であるインプラント表面はそもそもが油分が入り込みにくいですし、生体内でアセトンなどの化学物質を使えるかという根本的な問題があります。
しかし、エルビウムレーザーであれば、水の微小爆発を利用してインプラント表面の酸化チタン層が除去できますから、これらタバコの物質も容易に、しかも非接触で除去できます。
左の図の上の黄色の三角はタバコのタールを、下の黄色の三角はチタンの酸化膜を指しています。右のレーザー照射後では、鏡のように綺麗な表面になっていることがわかります。

インプラントリカバリーセンター④ [2015年08月31日]

WPUCS2014April13final.001
-このブログでは、インプラント周囲炎の治療の連載をしています-

 インプラント周囲炎治療で、インプラント表面から汚染物を取り除いたとしても、その表面に血液が付着して骨と再骨結合(Re-osseointegration)が起こらなければ、インプラントとして機能回復しません。

 我々は、エルビウムレーザーを用いて汚染したインプラント表面から歯石やLPSなどの汚染物を除去し、この表面が疎水性(水や血液をはじく性質)から、親水性(水や血液がなじむ性質)に改質させることに成功しました。

 また、この術式を用いた臨床応用も国際雑誌に投稿して受理され、既に出版されています。国際学会でも受賞しております。

吉野敏明Wikipediaより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E9%87%8E%E6%95%8F%E6%98%8E

インプラントリカバリーセンター③ [2015年08月27日]

インプラント周囲炎の治療のためには、感染したインプラント体の表面から汚染物を除去し、滅菌できなければならないことはこのブログでも何度かお知らせしています。
では、汚染しているところをどのように明視化するのでしょうか?
我々が独自に開発し、しかも体に害が無く、副作用なども無い方法、しかも薬事で体内使用が認可されている薬剤によって汚染物を染色して治療する方法がこのビデオの方法です。
当誠敬会クリニック、インプラントリカバリセンターでは、このような治療により、高い成功率でインプラント周囲炎の治療を行っております。

インプラントリカバリーセンター② [2015年08月23日]

OJ2013.7.5.001インプラント周囲炎治療において、歯周病菌に感染してしまったインプラント表面には、どのようなことが求められるでしょうか?

それは、以下の7つになります。

①インプラント表面から歯石などを除去して取り残しがないこと
②インプラント表面が滅菌されること
③インプラント表面のLPSなどの細菌の毒素が無毒化されること
④インプラント体の温度を上昇させないこと
⑤インプラント表面に炭化物やシアンなどの毒物を産生させないこと
⑥インプラント表面を溶解するなどして変性させないこと
これに加えて、
⑦骨と再結合するために、インプラント表面が生体親和性=親水性が付与されること

現時点の医学において、上記①~⑦を科学的根拠によって達成できる方法は、インプラント表面の酸化チタン層を蒸散によって除去し、酸化していないチタン表面を非熱によって達成できる、エルビウムレーザーまたはEr,Cr;YSGGレーザーを用いる方法しかありません。

他の方法は、消毒だけあるいは歯石をとるだけ、などの方法です。
(この項、続く)

« Older Entries