ホーム > インプラントリカバリーセンター⑦

Posts Tagged ‘Er:YAG’

インプラントリカバリーセンター⑦ [2015年09月12日]


今社会問題のインプラント周囲炎に罹患したインプラント表面から、我々が開発した方法で表面の汚染物を除去する方法のデモンストレーションです。

レーザーはエルビウムレーザーを用います。このレーザーは、水に特異的に反応するので、非熱でインプラント表面を傷めないだけでなく、照射面が滅菌され、歯周病原細菌などの内毒素(LPS)なども無毒化が期待できます。

動画を見て頂いて分かるように、エルビウムレーザー照射により焦げることもなく、非常にきれいになります。

また、我々はレーザー処理したあとのチタン表面が親水性になることも示しています。

当 誠敬会クリニックインプラントリカバリーセンターでは、インプラント周囲炎の治療も専門的に行っています。
http://yoshino-dc.com/

インプラントリカバリーセンター⑥ [2015年09月08日]

 インプラント周囲炎の治療を標榜しているクリニックは多いと思います。そのなかで、当誠敬会クリニックは、単に治療を行っているだけではなく、治療法の開発をし、さらにこれを国際学会で発表して論文として国際論文雑誌に投稿して出版されている、唯一の日本人であります(吉野敏明、山本敦彦、小野善弘 敬称略)。
プレゼンテーション1
 我々が考案・発明した治療法は、術前にインプラント周囲炎の原因となる細菌検査を行って原因を調べた後、治療としてこのコラムで連載しているエルビウムレーザーを用いてインプラント表面の汚染物の除去と毒素の無毒化、そして親水性の付与をして、再骨結合をインプラント表面に起こして基に戻す再生療法です。
 世界からも注目されている治療法であり、もちろん国内の学会でも最優秀発表賞を受賞するなど、科学的根拠に基づく治療法です。

インプラントリカバリーセンター⑤ [2015年09月02日]

Dr.yoshinoSep.20.2014.001
インプラント周囲炎でのインプラント表面の汚染で、回転ブラシやフロスなどで除去が不可能なものに、タバコのニコチンやタールがあります。親油性の化学物質でありますから、油も除去できなければなりません。通常、油分を取るにはアセトンや無水アルコールなどでふき取りますが、粗面であるインプラント表面はそもそもが油分が入り込みにくいですし、生体内でアセトンなどの化学物質を使えるかという根本的な問題があります。
しかし、エルビウムレーザーであれば、水の微小爆発を利用してインプラント表面の酸化チタン層が除去できますから、これらタバコの物質も容易に、しかも非接触で除去できます。
左の図の上の黄色の三角はタバコのタールを、下の黄色の三角はチタンの酸化膜を指しています。右のレーザー照射後では、鏡のように綺麗な表面になっていることがわかります。

インプラントリカバリーセンター④ [2015年08月31日]

WPUCS2014April13final.001
-このブログでは、インプラント周囲炎の治療の連載をしています-

 インプラント周囲炎治療で、インプラント表面から汚染物を取り除いたとしても、その表面に血液が付着して骨と再骨結合(Re-osseointegration)が起こらなければ、インプラントとして機能回復しません。

 我々は、エルビウムレーザーを用いて汚染したインプラント表面から歯石やLPSなどの汚染物を除去し、この表面が疎水性(水や血液をはじく性質)から、親水性(水や血液がなじむ性質)に改質させることに成功しました。

 また、この術式を用いた臨床応用も国際雑誌に投稿して受理され、既に出版されています。国際学会でも受賞しております。

吉野敏明Wikipediaより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E9%87%8E%E6%95%8F%E6%98%8E

インプラントリカバリーセンター③ [2015年08月27日]

インプラント周囲炎の治療のためには、感染したインプラント体の表面から汚染物を除去し、滅菌できなければならないことはこのブログでも何度かお知らせしています。
では、汚染しているところをどのように明視化するのでしょうか?
我々が独自に開発し、しかも体に害が無く、副作用なども無い方法、しかも薬事で体内使用が認可されている薬剤によって汚染物を染色して治療する方法がこのビデオの方法です。
当誠敬会クリニック、インプラントリカバリセンターでは、このような治療により、高い成功率でインプラント周囲炎の治療を行っております。

インプラントリカバリーセンター② [2015年08月23日]

OJ2013.7.5.001インプラント周囲炎治療において、歯周病菌に感染してしまったインプラント表面には、どのようなことが求められるでしょうか?

それは、以下の7つになります。

①インプラント表面から歯石などを除去して取り残しがないこと
②インプラント表面が滅菌されること
③インプラント表面のLPSなどの細菌の毒素が無毒化されること
④インプラント体の温度を上昇させないこと
⑤インプラント表面に炭化物やシアンなどの毒物を産生させないこと
⑥インプラント表面を溶解するなどして変性させないこと
これに加えて、
⑦骨と再結合するために、インプラント表面が生体親和性=親水性が付与されること

現時点の医学において、上記①~⑦を科学的根拠によって達成できる方法は、インプラント表面の酸化チタン層を蒸散によって除去し、酸化していないチタン表面を非熱によって達成できる、エルビウムレーザーまたはEr,Cr;YSGGレーザーを用いる方法しかありません。

他の方法は、消毒だけあるいは歯石をとるだけ、などの方法です。
(この項、続く)

インプラントリカバリーセンター ① [2015年08月21日]

 当誠敬会クリニックは、インプラント周囲炎でお悩みの患者さまの相談と治療を専門的に行っています(インプラントリカバリーセンター)。

 当診療所の吉野敏明は、米国Periodontal and Restorative Dentistryという学会において、レーザーを用いたインプラント周囲炎治療の開発とエビデンス、およびその治療において世界第二位を受賞しました。
※吉野敏明執筆の世界第二位受賞の論文はこちらから
Innovative Regeneration Technology to Solve Peri-implantitis by Er:YAG Laser Based on the Microbiologic Diagnosis: A Case Series Toshiaki Yoshino, Atsuhiko Yamamoto, Yoshihiro Ono P67-73 Vol 35, 2015

※吉野共著でハーバード大学でのインプラント周囲炎研究の論文はこちらから
Use of Er:YAG laser to decontaminate infected dental implant surface in preparation for reestablishment of bone-to-implant contact.Nevins M, Nevins ML, Yamamoto A, Yoshino T, Ono Y, Wang CW, Kim DM The International Journal of Periodontics & Restorative Dentistry 2014, 34(4):461-466

 インプラント周囲炎治療において重要なことは、先ず「インプラント周囲炎を発症させないこと」です。その為には、インプラント周囲炎の原因菌である歯周病原細菌の検査と同定、および存在した場合には、インプラント治療に先だってその除菌治療が必要です。

 しかしながら、インプラント周囲炎が発症してしまったときは、原因除去に引き続き、エルビウムレーザーという、チタンに照射しても温度上昇が起こらず、かつチタンを変性させないレーザーを用いてチタン表面の滅菌と無毒化、さらに酸化チタン層を除去して再骨結合をさせ、再生療法を応用して骨を作りながらインプラントの保存を図ります。
(この項続く)
 

インプラント周囲炎増加の背景とその懸念 [2014年03月01日]

現在、各国で歯科用インプラント治療が急速に普及し、ともすれば欠損補綴の第一選択とされるような社会状況になろうかという情勢である。インプラント治療が世界の一般開業医に普及することで、そしてインプラント体と骨の結合を早めるためにインプラント体の表面性状が改善され、生体細胞との親和性が増加すると同時に、細菌感染のリスクも増加すると推察され、インプラント周囲炎が増加している。インプラント周囲炎とは、歯周炎と同様の細菌感染症であるが、人為的に生体親和性が高いとはいえ異物を顎骨内埋入し、これが感染したものである。つまり、歯科治療によって作り出してしまった感染症といえる。インプラント治療を行わなければ、インプラント周囲炎は発症しない。とはいえ、異物感が極めてすくない固定性の補綴物であり、少数残存歯症例では、天然歯を守るという意味でも極めて重要な役割を演じる歯科治療でもある。そのため、インプラント周囲炎を理解するためには、病因論・診断に重きをおき、なぜ感染症がおきるのかあるいはおきやすい環境なのかを十分検討し、そのうえで原因除去を徹底したうえで治療方法論に移行しなければならない。その上で、インプラント周囲炎を治療するためには、徹底した細菌学的原因除去の後に、インプラント体を如何に傷つけずにデブライドメントできるか、そしてその後に骨組織を再生させるかということが重要となる。Er:YAG laserは、水分子に吸収されるレーザーであり、生体組織を炭化・熱変性および熱上昇させることが極めてすくないハードレーザーである。Er:YAG laserは、歯周組織の切除、歯石の除去、および骨やセメント質などの生態硬組織の蒸散と除去ができるレーザーである。本レーザーはある一定のエネルギー設定においては、チタン表面の変性、温度上昇、溶解などが極めてすくないことが知られている。また、照射面の細菌を非熱で殺菌消毒できること、そしてLPSなどのデトックスが可能なこと、くわえて生体の治癒活性を上昇させること、などが報告されており、インプラント周囲炎におけるインプラント体のデブライドメント、骨組織に対するデコルチケーション、インプラント周囲硬および軟組織の殺菌消毒と細菌代謝物の無毒化、そして生体組織の活性化による治癒促進が期待される。我々はインプラント周囲炎を発症した患者に対し、細菌検査免疫検査を用いた診断に基づく抗菌療法に引き続き、Er:YAG laserを用いてフィクスチャ―のデブライドメントおよび周囲組織の殺菌を行い、その後の再生療法において良好な結果を得ている。日本では、Osseointegration study club of Japanという、臨床家のインプラント学会において、上記方法を用いた理事長の吉野敏明のインプラント周囲炎治療が発表コンペティションで優勝(最優秀発表賞)を受賞し、また海外では米国のPeriodontics and Restorative Dentistryという、3年に一度しか開かれない学会において、インプラント周囲炎治療の臨床研究症例で第二位を受賞した。現在も、臨床実績を積み重ね、海外との共同研究などでもエビデンスを構築しているところである。しかし、インプラント周囲炎が、悪気がないとはいえ歯科医師が人為的にインプラントを埋入したことで起こされた疾患であることには、心を痛めている。インプラント周囲炎の発生抑止とは、よく歯周病を理解し、そして治療が出来る歯科医師がインプラントを施術するべきである、と我々は考えている。